通信制高校検索 資料請求 進路相談室 データバンク

「生徒の声」八洲学園高等学校 | 横浜分校 2年生 丸井 麻衣さん

美容も部活も友達づくりも。 「欲ばりな学校生活」実現できる

-入学した経緯について教えてください。

私は小学校6年生頃から学校に行けなくなってしまい、中学校にもたまに登校できるかできないかの生活をずっと続けていました。中学2年の頃は比較的、学校に行けるようになり、塾にも通い、成績もそれなりにあったと思います。なので、全日制高校に進学しようと思ったのですが、3年生になってクラスのみんなが進路を決めていくのを見て、そのプレッシャーに勝てなくなっていきました。そこで通信制への進学を考えるようになりました。

たまたまその時、幼稚園からお世話になっているピアノの先生から、娘さんが八洲の卒業生だと聞き、学校見学に行くことにしたのです。見学では、先生をはじめ学校の雰囲気がとてもやさしそうな感じを受けました。一目ぼれでしたが、一応ほかの学校も見てまわり、やはり八洲学園がいいなということで入学を決めました。  


-実際の学校生活はどんな様子ですか?

不登校の頃でも友達と会うことは好きでした。でも新しい学校ではどうしようかと不安でした。八洲学園では週5日、全日制のように朝から通うコースと、週3日だけで、午後から授業を受けにくるコースがあります。最初は自分のペースに合わせて週3日で通い、慣れてきたら週5日に移ろうかと考えていました。そこを自由に選べるのがとてもいいなと思っています。

最初は週3回の授業だけで心細かったですが、そのうちクラスなど関係なく仲の良い友達ができました。学校行事でなんとなく顔見知りになり、そこからどんどん授業で声をかけてもらえるようになりました。私は午後からの登校ですが、朝から登校している子たちとお昼ごはんで合流したりします。私の場合、ごはんを食べながら1日が始まる、という感じですね。

週5日のうち3日は自分のペースで通学し、余った2日は専門的なことを学べるコースの時間に充てました。私は美容について学んでいます。どうしても『将来は美容へ行きたい!』という訳ではないのですが、好きなことを友達と一緒にワイワイ楽しめたらいいなと思っています。美容の先生は、仕事の第一線で活躍している人たちで、ネイルとヘアスタイルとメイクとそれぞれ1人ずついます。交代で授業をしてくれるのですが、どの先生もやさしく教えてくれます。

私が今一番打ち込んでいるのは部活です。軽音学部や書道部、そして私が最近立ち上げた卓球部。これからもいろいろなことを経験して、楽しい思い出をつくっていきたい。進路とも向き合いながら勉強も頑張りつつ、学校生活を欲ばりながら過ごしたいと思います。


※学年は取材時のものです。